葛西、11連続世界選手権出場逃すも「若手にチャンス」

[ 2019年1月28日 05:30 ]

ノルディックスキー W杯ジャンプ男子個人第16戦 ( 2019年1月27日    札幌・大倉山ジャンプ競技場 ヒルサイズ=HS137メートル )

2回目127.5mを飛んで葛西は今季最高の7位に入った(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 葛西は世界選手権の連続出場が10大会で途絶えた。代表選出には27日時点のW杯得点で上位5人に入る必要があったが、日本勢5番手の中村と27点差の6位。自らの史上最多記録を更新する14度目の出場を逃した。

 それでも1本目に131・5メートルをマークするなど今季初、ラージヒルでは3季ぶりの1桁順位に「表彰台も見えてくる」とご機嫌。「1回ぐらい若手にチャンスをあげよう。2年後(の世界選手権)に選ばれるようにやっていく」と明るく話した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年1月28日のニュース