関学大・鳥内監督、稀勢引退「ホンマに残念」アメフト好きで親交

[ 2019年1月17日 05:30 ]

横綱・稀勢の里引退

関学大・鳥内監督(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 アメフット好きの稀勢の里と親交があった関西学院大アメフット部・鳥内秀晃監督は「ホンマに残念、無念やな」と引退を惜しんだ。

 この日朝、電話をかけたといい「俺の方が涙が出て何も話ができんかった。以前から本人は“横綱とか関係なく長く相撲を取りたい”と言っていたから、悔しいと思う。ケガした時、無理して出場したのが良くなかったんやろうな。あのとき、そういう話がしてやれれば…」と悔やんだ。春場所の際、大阪で会おうと思っていたという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月17日のニュース