宇野&紀平、蘭チャレンジ杯出場決定 世界選手権へ総仕上げ

[ 2019年1月17日 05:30 ]

 日本スケート連盟の理事会が都内で開催され、フィギュアスケートでは、シーズン後半に行われる国際大会の派遣選手を承認した。

 2月4日開幕の四大陸選手権(米国)に出場する男子の平昌五輪銀メダリスト宇野昌磨(21=トヨタ自動車)と今季GPファイナル女王の紀平梨花(16=関大KFSC)は2月21日からのチャレンジ・カップ(オランダ)に出場することが決まった。3月18日開幕の世界選手権(埼玉)へ向け、総仕上げの舞台となる。また、ババリアン・オープン(ドイツ)には宮原知子(20=関大)が参戦する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月17日のニュース