“はりみゆ”史上最年少Vならず 張本も脱帽「男子ダブルスとやっているみたいでした」

[ 2019年1月17日 14:02 ]

卓球・全日本選手権第4日 ( 2019年1月17日    大阪市 丸善インテックアリーナ大阪 )

張本智和
Photo By スポニチ

卓球の全日本選手権第4日は17日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、混合ダブルス決勝で張本智和・長崎美柚(ともにエリートアカデミー)の“はりみゆ”ペアは森薗政崇(岡山)・伊藤美誠(スターツ)に1―3で敗れ、史上最年少優勝を逃した。

 スウェーデンOPで中国人選手を立て続けに破った伊藤のパワーにさすがの張本もタジタジだった。張本は「伊藤選手にはノータッチで抜かれた。速さも男子並みだったし、男子ダブルスとやっているみたいでした」と脱帽していた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月17日のニュース