ラグビーW杯公式マスコット「レンジー」がスポニチ来社

[ 2019年1月17日 17:29 ]

<来社>W杯チケット販売のお知らせに本紙を訪れた大会マスコット・レンジーのレン(左)とジー(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 19日午前10時に、今年9月20日に開幕するラグビーW杯日本大会の入場チケットの一般先着販売が始まるのを前に、大会公式マスコット「レンジー」が17日、東京都江東区のスポニチ東京本社を訪れ、販売開始をPRした。レンジーは連獅子に由来し、白髪で親の「レン」と赤髪で子の「ジー」からなる。2体の愛らしい姿や仕草に、普段は緊迫感漂う編集局もなごやかな雰囲気に。コワモテ(?)のデスクも、フワフワのレンやジーと触れ合い目尻を下げた。

 チケットはすでに昨年から抽選販売が行われ、9月20日の開幕戦・日本―ロシア戦(味スタ)やW杯のために新設された釜石鵜住居復興スタジアムでの2試合などに人気が殺到している。ただし今回の一般先着販売では、改めて開幕戦など全48試合の入場チケットが売り出される。抽選販売でほしかったチケットを入手できなかったファンはもちろん、最近になってW杯の開催を知ったビギナーまで、全ての人に“一生に一度”の興奮を味わうチャンスがある。

 購入にはまず、公式チケットサイト(http://tickets.rugbyworldcup.com)でのID登録が必要となる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月17日のニュース