3人制バスケ五輪最終予選 日本代表に男子は落合、保岡ら選出 女子は高田、宮下ら

[ 2024年5月9日 04:57 ]

高田静
Photo By スポニチ

 日本バスケットボール協会は8日、3人制のパリ五輪世界最終予選(16日開幕、ハンガリー)に臨む日本代表の登録選手男女各6人を発表し、男子は東京五輪代表の落合知也(ALPHAS.EXE)と保岡龍斗(秋田)、三谷桂司朗(広島)らが選出された。

 女子は高田静、中田珠未(以上ENEOS)や宮下希保(トヨタ自動車)らが名を連ねた。

 5日まで宇都宮市で行われた予選で負傷した21歳の江村優有(早大)は外れた。

 男女それぞれ16チームが参加し、3位までが出場権を得る。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月9日のニュース