琴奨菊、ライバル稀勢引退に「涙が出た」豊ノ島は場所前の秘話明かす

[ 2019年1月17日 05:30 ]

横綱・稀勢の里引退

若隆景を寄り切りで破る豊ノ島(上) (撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 場所前の出稽古で稀勢の里と手を合わせた、かつてのライバル2人が引退を惜しんだ。大関時代にライバル関係だった平幕・琴奨菊は「聞いた時、涙が出た。自分の成長を試せる相手だった」と振り返った。

 十両・豊ノ島は15日夜に引退を伝えられたようで「場所前やった時、強かった。進退というのが重圧だったのでは」と残念がった。場所前の稽古で稀勢の里が「相撲って楽しいですね。やめられないですよ」と意欲を示していたことも明かした。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月17日のニュース