高安、兄弟子・稀勢の敵討ち!栃煌山撃破「相撲で恩返しを」

[ 2019年1月17日 05:30 ]

大相撲初場所4日目   ○高安―栃煌山● ( 2019年1月16日    両国国技館 )

栃煌山(右)を突き出しで破る高安 (撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 高安が生涯忘れられない日を白星で飾った。前日、稀勢の里を破った栃煌山を突き出して一蹴。「一生懸命、前に出ることだけ考えた。千秋楽まで気を引き締めていきたい」と納得の表情を見せた。

 旧鳴戸部屋時代から一緒に稽古で汗を流した稀勢の里が引退。尊敬する兄弟子からは会見で横綱を目指してほしいとエールを送られ「相撲で結果を出すこと。それが一番の恩返し」と心に受け止めた。17年初場所で稀勢の里が初優勝を飾った時、支度部屋で号泣した。「オープンカーに一緒に乗せてもらったことが今も(頭に)色濃く残っている。常に自分の上にいてくれて、そこに目標があった」。高みを目指す大関の目標はただ一つ。最高位を目指す新たなストーリーを描いていく。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月17日のニュース