【平成に引退した横綱】03年の貴乃花「非常にすがすがしい気持ち」

[ 2019年1月17日 05:40 ]

横綱・稀勢の里引退

横綱・稀勢の里
Photo By スポニチ

 ・大乃国 全休明けの91(平3)年名古屋場所で、中日に小結・安芸ノ島敗れて4勝4敗となり引退を表明。最後の皆勤は同年春場所(12勝3敗)。

 ・北勝海 92(平4)年春場所で連敗して3日目から休場。場所後の5月に引退。夏場所の番付にしこ名が残った。最後の対戦相手は平幕・久島海。最後の皆勤は91年名古屋場所(9勝6敗)。

 ・旭富士 全休明けの92(平4)年初場所で初日から小結・曙、平幕・安芸ノ乃島、若花田に敗れ引退表明。「もう力が出ない」。最後の皆勤は91年名古屋場所(8勝7敗)

 ・3代目若乃花 2場所全休後の00(平12)年春場所で関脇・栃東に敗れて2勝3敗となり引退表明。「気力が限界」。最後の皆勤は99(平11)年秋場所(7勝8敗)。

 ・曙 00(平12)年九州場所で優勝(14勝1敗)も両膝痛で01(平13)年初場所全休後に引退表明。「もう優勝争いは不可能」。最後の対戦相手は横綱・武蔵丸。

 ・貴乃花 全休明けの03(平15)年初場所で中日に安美錦に敗れ4勝3敗(不戦敗1を含む)1休となり引退表明。「非常にすがすがしい気持ち」。最後の皆勤は02(平14)年秋場所(12勝3敗)。

 ・武蔵丸 全休明けの03年(平15)年九州場所7日目に幕内・土佐ノ海に敗れ3勝4敗となり引退表明。最後の皆勤は02年秋場所(13勝2敗で優勝)。

 ・朝青龍 10(平22)年初場所を13勝2敗で優勝後の2月、初場所中に起こしていた暴行問題の責任を取り急きょ引退。「これは自分にとってのけじめ」。最後の対戦相手は横綱・白鵬。

 ・日馬富士 17(29)年九州場所で連敗スタートし、3日目に貴ノ岩への暴行問題が発覚し休場。場所後に引退表明。「ちゃんとした生き方をして恩返ししたい」。最後の対戦相手は平幕・貴景勝。最後の皆勤は同年秋場所(11勝4敗で優勝)。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月17日のニュース