鶴竜、引退の稀勢を思いやる「ケガが良くなっていれば…」

[ 2019年1月17日 05:30 ]

大相撲初場所4日目   ○鶴竜―妙義龍● ( 2019年1月16日    両国国技館 )

妙義龍(右)を押し出しで破る鶴竜(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 先輩横綱の鶴竜は稀勢の里の引退に「寂しいです」と心境を口にした。稀勢の里よりも2場所前にデビューしたが、出世は先を越され「早く追いつきたい一心でずっとやってきた」という。

 17年は自身もケガに悩まされ4場所連続休場した経験がある。それだけに「ケガが良くなっていればまだまだ(相撲を)取れた。明日は我が身と思い、気を引き締めていかなければ」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年1月17日のニュース