高梨沙羅 一睡もせずに一夜明け会見 祝福メッセージは「見たことのない件数」

[ 2018年2月13日 12:30 ]

一夜明け会見を行った高梨沙羅
Photo By スポニチ

 銅メダルを獲得したノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(21=クラレ)とフリースタイルスキー・モーグル男子の原大智(20=日大)が13日、平昌JOCジャパンハウスで一夜明け会見を行った。

 高梨は会場でドーピング検査を受けてから選手村に戻ったのは午前3時。「そのまま色々回ってます」と一睡もすることなく、朝からテレビ出演やスポンサー対応などを次々にこなした。4年前の悔しさをぶつけたメダル獲得に「今まで見たことないぐらいの件数のメッセージをもらっている。記録更新している」と祝福の大きさも“K点超え”。「1つ1つの言葉が自分にとってのごほうび。1通ずつ開けるのが楽しみ」とメダル獲得の喜びをかみしめた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年2月13日のニュース