銅メダル獲得の原 難コースが“味方”に「とがったコブが好き」

[ 2018年2月13日 05:30 ]

平昌冬季五輪 フリースタイルスキー男子モーグル ( 2018年2月12日 )

男子モーグル決勝1回目 原の第1エアの連続合成写真
Photo By 共同

 【原に聞く】 ――ここまで突き抜けた理由は。

 「凄いこのコースが自分的に合っていて滑りやすいのが最初の印象だった」

 ――なぜ難しいコースに合った?

 「こういうとがったコブが好き。自分の技術に合っていたコブ」

 ――予選では緊張していたが、決勝でどう気持ちを切り替えたか。

 「なんだか知らないけど、決勝を滑る頃には楽しくて楽しくて、しようがなかった」

 ――課題と話していたエアで何か変わったのか。

 「ずっと同じエアをこの日のためだけに練習した。それが報われたのかなくらいしか言えない」

 ――3位と分かった瞬間の気持ちは。

 「3位と聞いて、金メダルじゃなかったというのがまず思ったこと。3位、あんま…うれしいくらいしか覚えていない」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年2月13日のニュース