小平“本命”へ上々6位 今季ベスト記録「このままでいい」

[ 2018年2月13日 05:30 ]

平昌冬季五輪 スピードスケート女子3000メートル ( 2018年2月12日 )

滑走する小平
Photo By スポニチ

 3大会連続3度目の五輪で上々の発進を決めた。今大会初レースに臨んだ小平奈緒(31=相沢病院)が2組目で登場し、1分56秒11の今シーズンベストで6位。思い描いた通りの体の動きができたようで、納得の表情で引き揚げてきた。

 「スタートラインに立った時の気持ちの持ち方が過去2回と違うと実感した。自分の足が地に着いている感覚があった。1000メートルと500メートルに関してもこのままでいいのかなと思います」

 エースの言葉通り、本命は14日にある世界記録を持つ1000メートルと、24連勝をしている18日の500メートルだ。過去2大会の個人最高成績5位を超えるだけでは、今回は満足できない。日本人女子冬季五輪初の2冠に向け、準備は進んでいる。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年2月13日のニュース