PR:

羽生が笑った!公式練習でトリプルアクセル 右足首問題なし

平昌冬季五輪 フィギュアスケート男子

サブリンクで練習する羽生(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 右足首の負傷から復活を期すフィギュアスケート男子の羽生結弦(23=ANA)が12日、江陵アイスアリーナのサブリンクで公式練習に初参加した。11日に拠点のカナダ・トロントから韓国入りし、さっそく現地で練習開始。男子66年ぶりの連覇が懸かる王者は16日のショートプログラム、17日のフリーに向け最後の仕上げに入った。

 報道陣の前で滑るのは、右足首を負傷した昨年11月9日のNHK杯公式練習以来、95日ぶりだった。TVカメラ15台、スチルカメラ50台、報道陣約100人が待ち構える中、JAPANの白いジャージーを着た羽生は練習リンクに入ると、まずはゆっくり滑り出した。

 「この地でしっかり調整して、試合に向けてやっていけたらいい」。そう話していた羽生はリンクを回ってウオーミングアップ。続いて右側に体重をかけて円を描くように滑り、右足首の感触を確かめた。

 7分後にジャージーを脱ぐと、ジャンプを開始した。まずは1回転トーループ。続いて2回転トーループ。その後は1回転でサルコー、フリップ、ルッツ、ループを跳んだ。着氷する右足に気を配りながら、慎重に1回転ジャンプを繰り返した。そして10本目。それまでとは異なるスピードの助走から、得意のトリプルアクセル(3回転半)を跳んだ。きれいに着氷すると、納得したように練習を切り上げた。

 40分間の公式練習はわずか15分で終了。「お疲れさまでした。ありがとうございました。また明日お願いします」と言って会場を去った。当初の診断では「3、4週間で元に戻る」と言われた右足首は腱と骨にも炎症が見つかり回復が遅れた。2カ月間は氷に乗らず、治療とリハビリに専念してきた。氷上練習を開始して約1カ月。回復のための時間を最大限確保するため、団体戦も回避し、調整に努めてきた。ブライアン・オーサー・コーチは6日に「ジャンプは戻った。ルッツ以外は問題ない」とルッツを除く3種類の4回転ジャンプは既に練習で跳んでいることを明かしていた。

 初日は慎重な練習に終始し、4回転ジャンプを跳ばなかった。一緒に練習した親友の田中刑事は「大丈夫?と聞いたら、大丈夫だと言っていた。思っていた以上に元気だったので安心した」と語った。まだ100%の力で練習するタイミングではない。最後のトリプルアクセルは、本気を出せば高難度のジャンプを跳べることをはっきり示していた。

[ 2018年2月13日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:09月21日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画