原、両親がスタンドで観戦 快挙の息子へ「本当に勝負強い子」

[ 2018年2月13日 05:30 ]

平昌冬季五輪 フリースタイルスキー男子モーグル ( 2018年2月12日 )

男子モーグルで2位のグレアム(左)と抱き合う3位の原大智。奥は優勝したキングズベリー
Photo By 共同

 男子モーグルにニューヒーローが現れた。原大智(20=日大)がメダルを懸けて6人で争う決勝3回目に82・19点をマークして銅メダルを獲得。男子モーグルの日本勢の表彰台は初めてで、今大会の日本選手団のメダル第1号となった。

 原の滑りをスタンドで見守った父・勇樹さん(54)と母・由美さん(50)は、息子への寄せ書きを掲げて声援を送った。メダルが決まると、勇樹さんの目から涙があふれ、「本当に勝負強い子だ」と快挙を称えた。高得点をマークした決勝2回目の時点で「このまま終わってもいい」と感極まっていた由美さん。望外の結果に「ありがとうと伝えたい、それだけです」と興奮冷めやらぬ様子だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年2月13日のニュース