影浦心が初V 柔道GSパリ大会男子100キロ超級

[ 2018年2月13日 05:30 ]

男子100キロ超級で優勝した影浦心
Photo By 共同

 柔道のグランドスラム(GS)パリ大会は11日、男女計7階級が行われ、男子100キロ超級で影浦心(22=東海大)が初優勝を飾った。男子では81キロ級の藤原崇太郎(19=日体大)、90キロ級の向翔一郎(22=日大)も初優勝を果たした。

 女子では70キロ級の新井千鶴(24=三井住友海上)が準優勝、78キロ級の浜田尚里(27=自衛隊)、78キロ超級の素根輝(17=福岡・南筑高)は3位だった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年2月13日のニュース