岩渕、感謝の12位 勢藤も充実17位「良いジャンプできた」

[ 2018年2月13日 05:30 ]

平昌冬季五輪 ジャンプ女子個人ノーマルヒル ( 2018年2月12日 )

1回目の飛躍を終えた岩渕
Photo By 共同

 12位の岩渕は「結果を見ればW杯と似たような順位だった」と悔しさをにじませた。五輪出場までお世話になった人への感謝の気持ちを込めたという試合を終え「自分としてはもっと頑張りたかったが、伝わったら良いと思う」と話した。

 17位の勢藤は会場へのバス移動では緊張していたというが「良いジャンプができた。4年前は出られると思っていなかったので諦めないで良かった」と充実感を漂わせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年2月13日のニュース