丹羽&吉村組は銅 準決で中国ペアに完敗「もっと強くならないと」

[ 2017年6月5日 05:30 ]

卓球・世界選手権個人戦第6日 ( 2017年6月3日    ドイツ・デュッセルドルフ )

男子ダブルスで銅メダルを獲得し、表彰台でメダルを手にする丹羽(左)、吉村組
Photo By 共同

 丹羽・吉村組は3日の男子ダブルス準決勝で、優勝候補の樊振東・許キンの中国ペアにストレート負け。リオ五輪団体銀メダルを獲得したペアでも全く歯が立たなかった。

 丹羽は「何しても点が取れなかった」とサバサバ。混合金メダルの直後に臨んだ吉村は「ラリーで全く点が取れなかった。打ち抜くパワーがなかった。もっと強くならないと」とがくぜんとしていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年6月5日のニュース