ジュタヌガーン 18番大崩れ…トリプルボギーでV逸

[ 2013年2月25日 06:00 ]

まさかの失速でV逸し、涙にくれるジュタヌガーン(右)

USLPGAツアーホンダLPGA最終日

(2月24日 タイ・パタヤ サイアムカントリークラブ(6469ヤード、パー72))
 悲劇だった。2打リードで迎えた最終ホール。ジュタヌガーンは刻まずに2オンを狙うと、これがバンカーのへりに突き刺さった。

 アンプレアブルを宣言した後は、我を失ったかのようなドタバタ。最後は1メートルのパットがカップに蹴られてのトリプルボギーで、大魚を逸した。地元観衆は悲鳴を上げ、17歳も号泣。「いつも2オンを狙っているので、今日もそうした。けど間違えた選択だった」と悔やんだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年2月25日のニュース