抜群スタミナでキメット圧勝!!

[ 2013年2月25日 06:00 ]

東京マラソンで1位でゴールするデニス・キメット

東京マラソン

(2月24日 都庁~東京ビッグサイトの42・195キロ)
 遅咲きの新星が2度目のマラソンで実力の違いを見せつけた。29歳のキメットは「絶対に勝てる自信があった」と涼しい顔で30キロ付近からペースアップすると、34キロすぎに世界クラスの鋭い切り替えで先頭集団から飛び出した。

 「5年前に軽い気持ちで陸上を始めるまでは家畜や穀物の世話が仕事だった」という1メートル82、58キロの大型選手が悠々と大会記録を更新した。強みは「35キロ以降のスタミナだ」と断言する。当面の目標は世界選手権に置くが、夢は2時間3分38秒の世界記録更新だという。「次のベルリンで狙いたい」と意気込んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年2月25日のニュース