吉田 レスリング五輪存続へ苦手の英語にも挑戦だ!

[ 2013年2月25日 06:00 ]

レスリング教室で大勢の子供に一斉に攻められ叫び声をあげる吉田

 レスリング女子55キロ級の吉田沙保里(30=ALSOK)が24日、都内で行われたイベント「東京大マラソン祭り」に参加。20年夏季五輪招致とともに、レスリングの五輪存続へトークショーや、レスリング体験教室を行い「体験教室には“夢は五輪出場”という子供がいた。頑張りたい」と話した。

 25日から本格的に始まる署名活動への協力と、国際オリンピック委員会(IOC)理事会(5月、ロシア・サンクトペテルブルク)でのプレゼンテーションへの参加をあらためて明言。「(サッカー女子の)澤さんに連絡したら“プレゼンは考えてくれるから大丈夫”と返ってきた」と苦手の英語に挑戦する意欲も見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年2月25日のニュース