男子100キロ超級で百瀬V 女子の佐藤は準V

[ 2013年2月25日 12:01 ]

 柔道のグランプリ大会は24日、ドイツのデュッセルドルフで男女計7階級が行われ、男子100キロ超級で百瀬優(旭化成)が優勝した。100キロ級で小野卓志(了徳寺学園職)が準優勝。81キロ級で川上智弘(国学院大職)は3回戦、90キロ級で下和田翔平(日体大)と加藤博剛(千葉県警)は1回戦で敗れた。

 女子78キロ級で佐藤瑠香(コマツ)が準優勝、78キロ超級で山部佳苗(山梨学院大)が3位。70キロ級で田知本遥(東海大)と今井優子(了徳寺学園職)は2回戦で敗れた。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年2月25日のニュース