マゼが初の総合優勝 アルペンスキーW杯

[ 2013年2月25日 01:09 ]

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は24日、フランスのメリベルで女子スーパー複合第2戦を行い、29歳のティナ・マゼ(スロベニア)が滑降のトップを回転で守って今季8勝目を挙げ、W杯9戦を残して初の総合優勝を決めた。

 マゼは1844点を獲得。総合2位のマリア・ヘフルリーシュ(ドイツ)は回転でゴールできず、1大会で最大100点しか獲得できない中で958点差がついた。(AP=共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年2月25日のニュース