小林潤志郎がジャンプ3連覇 全日本学生スキー最終日

[ 2013年2月25日 18:13 ]

 スキーの全日本学生選手権最終日は25日、岩手県八幡平市で行われ、ジャンプ(HS87メートル、K点80メートル)の男子は小林潤志郎(東海大)が2回目に最長不倒の86・5メートルを飛ぶなど合計239・5点で3連覇を果たした。

 出場2人の女子は松橋亜希(東海大)が制した。距離の男子40キロリレーは日大が優勝し、女子15キロリレーは早大が勝った。

 学校対抗は男子が東海大、女子は早大がともに2年連続2度目の優勝となった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年2月25日のニュース