良型だ!!トリプルだ!!東京五輪より一足先に金アジゲット!!

[ 2019年6月24日 07:27 ]

金アジゲット!!筆者は良型の一荷にニッコリ
Photo By スポニチ

 【中川めぐみの家族で楽釣】釣りアンバサダー・中川めぐみがオススメする「家族、初心者、女性を連れて行きたい釣り情報」第2弾。訪れたのは葛西橋・第二泉水。手軽で楽しい、そしておいしい情報をお届けします。

 今回、訪れたのは東京都江東区、葛西橋の第二泉水。車はもちろん、駅からの送迎サービスがあるので、電車でも気軽に行けます。(東京メトロ東西線・南砂町駅と都営新宿線・東大島駅が対象)

 初心者、女性・子供に優しく、まず竿やライフジャケット、クーラーボックスなど専門的な道具はすべてレンタルが可能です。仕掛けなども現地で相談しながら購入できるので、特別な準備がいらないのがうれしい。

 釣り方も竿の使い方から丁寧に教えてもらえるので、事前に勉強する必要がありません。料金も女性は20%オフ、中学生以下は半額と、ご家族や仲間を誘いやすい設定になっています。

 釣りものはマアジやシロギス、カワハギなど気軽に挑戦できる魚種が中心。この日は東京湾の“金アジ”を狙って、LTアジ船に乗り込みました。

 50分ほどかけて移動してきたのは川崎市・大師沖。水深は10~13メートルと、浅くて楽ちんです。

 6~9月はこうした浅場でいろいろな魚が狙えるので、体力や腕力に自信のない女性や子供を連れて行くのにピッタリのシーズン♪ただし、日焼けや水分補給に特に気を付けなくてはならない時期でもあるので、そうしたアドバイスもしっかりしてあげてください。

 取材当日は暑過ぎず心地よい陽気で、魚も気分が良かったのか1日通してほどよく釣れてくれました。35メートルほどの良型も交じり、時にはダブル、トリプルも。外道にはイシモチ、カサゴが釣れていました。若干食いが浅くてバラしてしまうシーンも多かったのですが、釣果は48~99匹と1日では食べ切れない数を全員が確保できました。

 保存しながらの食べ方といえば、小倉裕士船長のオススメは「日本酒で漬けた干物」。通常は開いたアジを塩水に漬けて干しますが、水の代わりに日本酒を使うと麹(こうじ)漬けのように濃厚なうまみが出るそうです。ベランダで干すのが難しい方は、冷蔵庫でも作れるので、ぜひ試してみてください。ザルやバットに置いて、ラップをせずに入れるだけです。

 1年の中でも特に楽チンな釣りが楽しめる今から秋口までの時期。夏休みもありますので、ぜひ周りの初心者を釣りに連れ出してみてください!

 ◯…釣れた魚が持ち込めるのは東京メトロ・西葛西駅から徒歩3分の「あばら大根」=(電)03(3688)8733。魚をさばいて調理してもらうためには事前予約が必要。料金は魚の量、利用人数、料理の内容によって応相談。

 ◇中川 めぐみ(なかがわ・めぐみ)1982年(昭57)生まれ、富山県出身。釣りアンバサダー。釣りを通して全国の食、景観、人、文化など地域の魅力を発見・発信している。初心者・女性向け釣りメディア「ツッテ」を運営。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る