町田 群馬からDF星野が完全移籍「試合終了の笛まで走り切ります」

[ 2014年1月10日 14:11 ]

 J3町田は10日、J2群馬からDF星野悟(24)を完全移籍で獲得したと発表した。

 群馬県前橋市出身の星野は、中京大から2011年にJ2草津(現J2群馬)入り。J2通算14試合1得点。

 星野は町田を通じ、「FC町田ゼルビアのサポーターの皆さんこんにちは。星野悟です。FC町田ゼルビアでは試合に出場して、左右両サイドを試合終了の笛がなるまで走り切ります。そして、J2昇格を目指し頑張ります。その目標を達成するには、皆さんの応援が必要なので、ぜひスタジアムで一緒に戦って下さい。宜しくお願い致します」とコメント。

 群馬を通じては、「いつどんな時でも応援して下さったファン、サポーターの皆様には本当に感謝しています。3年間という期間の中で僕がこのチームにもたらしたものは僅かでしたが、このチームの一員として戦った経験は本当に貴重なものです。この経験を生かし、更なる成長に向けて新たな場所で頑張っていこうと思います。3年間、本当にありがとうございました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年1月10日のニュース