京都橘 さえぎるもの一切なし紅白戦で調整

[ 2014年1月10日 05:30 ]

全国高校サッカー選手権・準決勝 京都橘―星稜

(1月11日 国立)
 京都代表の京都橘は、さえぎるものが一切ないグラウンドで、紅白戦で調整を行った。

 試合に向けては緊張感が高まるが、ピッチを離れれば米沢監督は星稜の河崎監督とは食事も共にする仲。「サッカー以外の話もしていますし、毎日いじられています。仲良くさせていただいている先生との試合は楽しみ。こういう舞台で戦って恩返しができると思う」と腕をぶす。名古屋入団内定のFW小屋松を中心に2年連続の決勝進出を狙う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年1月10日のニュース