大宮 渋谷氏が4年ぶりにコーチ復帰…昨季までは甲府コーチ

[ 2014年1月10日 16:22 ]

 J1大宮は10日、昨季までJ1甲府でコーチを務めていた渋谷洋樹氏(47)のトップチームコーチ就任を発表した。

 北海道出身の渋谷氏は、2004年から10年まで大宮のトップチームでコーチをしており、4年ぶりの復帰となる。

 渋谷氏は大宮を通じ、「今季から再び大宮アルディージャでコーチとして仕事出来ることをとても嬉しく思いますし、感謝しております。大熊監督のもと、選手個々の力を発揮しチーム一丸となって戦い、ファン・サポーター、パートナー、クラブに関わる全ての皆さまと勝利を喜び合える様に、一生懸命頑張りますので、ご声援よろしくお願いいたします」とコメント。

 甲府を通じては、「ヴァンフォーレ甲府での4年間本当に幸せな時間を過ごせました。ありがとうございました。今回、大好きなヴァンフォーレ甲府を離れることはすごく悩み、簡単な決断ではありませんでしたが、自分が指導者としてスタートしたクラブからの誘いを受け、これまでの経験を持ち、自分がどのくらい出来るか挑戦したいと思い決断いたしました。甲府では、昇格・降格・優勝・残留と喜びや悔しさ等、沢山の経験をさせていただき、どんな時でも共に戦い、熱い応援をして頂いたファン、サポーター、スポンサーの皆様には感謝の気持ちしかありません。暑い日も寒い日もいつも変わらず最高の準備で試合設営・運営をして下さったフロントスタッフ、ボランティアスタッフ、育成スタッフ・選手には本当に感謝しております。そして、素晴らしい城福監督、コーチングスタッフ、現場スタッフ、厳しい状況でも一つになって戦ってくれた選手達と一緒にフットボールが出来たことを本当に嬉しく思います。また、ヴァンフォーレ甲府というJリーグで一番地域に密着しているクラブで仕事が出来たことを誇りに思います。新天地でも甲府での経験を生かして一生懸命頑張りたいと思います。最後に、今回、自分の意志を尊重していただきました海野会長、輿水社長、佐久間GM、城福監督には心より感謝致しております。ヴァンフォーレ甲府のこれからの発展を心より願っています」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年1月10日のニュース