ヤヤ・トゥーレ 3年連続アフリカMVP W杯で日本の脅威に

[ 2014年1月10日 12:20 ]

3年連続でアフリカ最優秀選手賞を受賞したコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(マンチェスター・シティー)

 アフリカ・サッカー連盟(CAF)は9日、2013年のアフリカ最優秀選手にコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(マンチェスター・シティー)を選出した。最終候補に残った同国代表FWドログバ(ガラタサライ)、ナイジェリア代表MFミケル(チェルシー)を抑えて、3年連続3度目の受賞を飾った。3年連続の受賞は91~93年のガーナ代表アベディ・ペレ、03~05年のカメルーン代表サムエル・エトオに続き、同賞3人目。

 Y・トゥーレはオリンピアコス、モナコを経て、07年にバルセロナに加入。リーグ2連覇、欧州チャンピオンズリーグ優勝など多くのタイトル獲得に貢献したが、より多くの出場機会を求めて、10年夏にマンチェスターCへ移籍した。同クラブでは中盤の要として、リーグ、FA杯優勝を達成している。

 代表としても04年にデビューを果たすと、06、10年W杯に出場している。14年ブラジル大会では、1次リーグで日本と対戦する。

 ▽CAFの主な賞は以下のとおり

 最優秀若手選手:イヘアナチョ (U―17ナイジェリア代表)、最優秀代表チーム:ナイジェリア代表、最優秀クラブチーム:アルアハリ(エジプト)、最優秀監督:ステファン・ケシ(ナイジェリア代表)

 ▽CAFベスト・イレブン
 【GK】エニェアマ (ナイジェリア)
 【DF】ファティ(エジプト)、ベナティア (モロッコ)、コンスタン (ギニア)
 【MF】ミケル(ナイジェリア)、Y・トゥーレ(コートジボワール)、アブトレイカ(エジプト)、ピトロイパ (ブルキナファソ)
 【FW】エメニケ (ナイジェリア)、ギャン (ガーナ)、オーバメヤン (ガボン)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年1月10日のニュース