なでしこリーグ新潟、常盤木学園高から3選手獲得

[ 2014年1月10日 16:32 ]

 なでしこリーグの新潟は10日、常盤木学園高からGK福村香奈絵(18)、DF岡倉海香(18)、MF小須田璃菜(17)の新加入が決定したと発表した。

 大阪府出身の福村は身長1メートル64、体重60キロ。1対1に強く、正確なキャッチングやシュートストップが魅力で、的確なコーチングでゲームをコントロールすることもできるという。

 広島県出身の岡倉は身長1メートル60、体重52キロで、ポゼッション能力が高く、左足から繰り出される正確なサイドチェンジや効果的なオーバーラップなど、的確な判断で攻撃にアクセントを加えることができるサイドバック。

 埼玉県出身の小須田は身長1メートル55、体重49キロで、中央のポジションから正確なボールコントロールで攻撃にリズムを作り出すことができ、守備においても的確なポジショニングで相手からボールを奪う能力にも長けている、という。

 3選手はクラブを通じ、以下の通りコメント。

 ▽福村 努力することを継続し、安定したプレーでチームの勝利に貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします。

 ▽岡倉 地域の皆さんに勇気を与えられるようなプレー、そしてチームの勝利に貢献できるプレーを目指して頑張ります。よろしくお願いします。

 ▽小須田 今年からアルビレックス新潟レディースでプレーさせていただく小須田璃菜です。 1年目からチームの勝利に貢献できるように頑張りたいです。応援よろしくお願いします。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年1月10日のニュース