京都 横浜からDF比嘉が期限付き移籍「ぜひ関西弁を教えてください」

[ 2014年1月10日 14:45 ]

 J2京都は10日、J1横浜からDF比嘉祐介(24)が期限付き移籍で加入すると発表した。

 沖縄県名護市出身の比嘉は、流通経済大から2012年にJ1横浜入り。2年間でJ1通算1試合0得点、昨季は0試合0得点だった。

 比嘉は京都を通じ、「はじめまして、比嘉祐介です。自分の持ち味を活かして、J1昇格に貢献出来るように頑張ります。あと、自分は関西に住むのが初めてなので、ぜひ関西弁を教えてください。サンガサポーターの皆さん、応援よろしくお願いします」とコメント。

 2年間在籍した横浜を通じては、「このたび、京都サンガF.C.に期限付き移籍する事になりました。F・マリノスに所属したこの2年間、本当にたくさんのことを学ぶことが出来ましたが、なかなか試合に絡めず、チームに貢献することが出来ませんでした。京都サンガF.C.でまた一回り成長出来るよう、一生懸命頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年1月10日のニュース