本田 12日ベンチスタート濃厚 先発は15日本拠有力

[ 2014年1月10日 05:30 ]

入団会見でガリアーニ副会長と(右)とACミランのユニホームを持つ本田

 本田圭佑のACミランデビューが有力視される12日(日本時間13日)のアウェー・サッスオーロ戦について、9日付のコリエレ・デロ・スポルト紙はベンチスタートが濃厚と予想した。

 本田自身も「1カ月近くプレーをしていない。ミランはビッグクラブ。プレーするためには、僕自身がしっかり準備してからピッチに立ちたい」と珍しく慎重な姿勢を見せており、同紙も先発デビューは15日に本拠ジュゼッペ・メアッツァ(通称サンシーロ)で行われるイタリア杯5回戦のスペツィア戦になる可能性が高いと報じた。

 セリエAは昨季からベンチ入りメンバー枠(先発以外)を6人からW杯や国際試合と同様に12人に拡大しているが、2列目のスロベニア代表MFビルサらはケガのためサッスオーロ戦の欠場が確実。このため、イタリアの衛星放送スカイは8日、本田の遠征メンバー入りとベンチ入りは確実と報じている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年1月10日のニュース