長友 ダービー持ち越しにがっくり「なんとしても勝ちたかった」

[ 2014年1月10日 09:59 ]

ウディネーゼ戦の後半、競り合うインテル・ミラノの長友(左)

イタリア杯5回戦 ウディネーゼ0―1インテル・ミラノ

(1月9日)
 インテル・ミラノは悔いの残る敗退となった。長友は「ちょっと前半の立ち上がりに入り方が悪くて彼らのペースだった。後半はチャンスも多かったが、決めきれなかった」と振り返った。

 準々決勝でのミラノ・ダービーの可能性が消えた。長友も本田との対決を意識していたようで「これを勝ってミランも勝てば圭佑とも勝負できたし、なんとしても勝ちたかった」と残念がった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2014年1月10日のニュース