「夢ではなく現実に」新潟・黒崎監督がタイトル約束

[ 2011年1月22日 12:01 ]

県庁を表敬訪問した新潟の新戦力は泉田知事と記念撮影。左から黒崎監督、渡辺、増田、藤田、泉田知事、酒井、菊地、田村社長

 J1新潟の新加入選手が21日、新潟県の泉田裕彦知事を表敬訪問した。県庁を訪れたのは新加入8人のうちGK渡辺泰広(18)、DF増田繁人(18)、MF藤田征也(23)と菊地直哉(26)、FW酒井宣福(18)の5人で、黒崎久志監督と田村貢社長が同行。それぞれが新天地での意気込みを語った。

 「夢を見させてほしい」。泉田知事は会見の最後にこうチームへの期待感を表した。そんな要望に、黒崎監督は「新潟県民もアルビがタイトルを取ることを夢見ている。夢ではなく、現実になるように全力で戦いたい」と応える覚悟を口にした。新加入選手は夢実現に向けた貴重な戦力。増田は「応援には結果で、感動で返したい」と意気込んでいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月22日のニュース