自信満々ウズベク監督「開幕当初に話した通り優勝できると思う」

[ 2011年1月22日 08:18 ]

アジア杯準々決勝 ウズベキスタン2―1ヨルダン

(1月21日 カタール・ドーハ)
 1996年大会から出場しているウズベキスタンは、初の4強進出を果たした。アブラモフ監督は「開幕当初に話した通り、優勝できると思う」と不敵に笑った。

 背番号2のFWバカエフが活躍した。後半2分に相手守備ラインの裏へ抜け、183センチの身長を生かして跳び上がりながらのヘディングシュートで先制。4分にはゴール前へ突進し、左クロスを左足ダイレクトで蹴り込んだ。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月22日のニュース