新10番は小林大悟「もう一回思い出してくれるよう頑張る」

[ 2011年1月22日 11:25 ]

清水の新体制会見に出席した(上段左から)櫛引、樋口、岡根、橘、柴原(下段左から)高木、小林、竹内社長、高原、村松

 ギリシャ1部イラクリスから清水に加入した元日本代表MF小林が、背番号10を背負うことになった。21日の新体制会見で発表されたもので、小林は「10番は清水商、ノルウェー時代に付けた番号。自分らしい10番を築いていきたい」と話した。

 昨年10月から腰痛が完治せず、前半戦の出場は絶望的な状態で、回復のメドも立っていない。「海外に行っていて、自分の存在を忘れていた人もいると思うが、もう一回、思い出してくれるように、清水で頑張りたい」とまずは早期復帰を目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月22日のニュース