東京VのMF高木、北沢背番「8」背負う

[ 2011年1月22日 06:00 ]

 元プロ野球選手の高木豊氏(52)を父に持つ、J2東京VのMF高木善朗(18)が高校を卒業して迎える今季、昨季の背番33から8に変更することが明らかになった。

 8番は元日本代表の北沢豪氏が02年の引退までつけ、その後は小林大悟(現清水)、柴崎晃誠(現川崎F)がつけた出世番号。昨季は33試合に出場して5得点をマーク。兄・俊幸(19)が清水に移籍した今季はより一層の飛躍が期待される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月22日のニュース