切れ欠いた川島 連係不足指摘「誰かが前で触らなきゃ」

[ 2011年1月22日 08:08 ]

<日本・カタール>前半12分、カタールFWセバスティアンに先制ゴールを決められたGK川島

アジア杯準々決勝 日本3―2カタール

(1月21日 カタール・ドーハ)
 出場停止が明けて先発に戻ったGK川島だが、本来の動きの切れはなく、2失点した。

 2点目はFK。近いサイドを狙われた低いシュートへの反応が遅れ、自らの体ごとゴールラインを割った。

 「ポジショニングは悪くなかった。誰かが前で触らなきゃいけない」と連係不足を指摘した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月22日のニュース