株上げたのに…ヨルダン「5分間だけ集中力が切れた」

[ 2011年1月22日 08:15 ]

アジア杯準々決勝 ヨルダン1―2ウズベキスタン

(1月21日 カタール・ドーハ)
 1次リーグB組の初戦で日本と引き分けて株を上げたヨルダンは、4強の壁に阻まれた。後半2分にFKから守備ラインの裏を突かれて先制点を許し、2分後に速攻から追加点を奪われた。

 味方のシュートがGKにはじかれたこぼれ球を蹴り込んだB・バニヤシーンの一発で盛り返したが、その後は決定的なチャンスを逃した。ハマド監督は「5分間だけ集中力が切れたが、諦めず反撃した。選手を誇りに思う」と話した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月22日のニュース