今野、最終ライン統率 相手猛攻しのいだ

[ 2011年1月22日 06:00 ]

<日本・カタール>前半、セバスチャン(中央)を挟み込む今野(左)と伊野波

アジア杯準々決勝 日本3―2カタール

(1月21日 カタール・ドーハ)
 今野は安定感のある守備で勝利に貢献。度重なるピンチにも、厳しいチェックから冷静に体を入れてボールを奪い続けた。

 吉田の退場で10人となり、岩政と急きょコンビを組んだが、日本の最終ラインを統率する不動のセンターバックは動じることなく、相手の攻撃を封じた。「先に失点してバランスが悪くなった。カウンターのリスクマネジメントをやるべき」と課題を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月22日のニュース