長友、守備で攻撃で存在感たっぷり

[ 2011年1月22日 06:00 ]

<日本・カタール>前半、激しく競り合う長友

アジア杯準々決勝 日本3―2カタール

(1月21日 カタール・ドーハ)
 長友佑都が豊富な運動量で存在感を示した。今大会ではオーバーラップからのクロスが多かったが、この日はドリブルから強烈なミドルシュートを放つなど、リードされる展開が続く中、攻撃への意識を前面に出した。

 守備でも右サイドを駆け上がってくるハミドらを徹底的にマークし、攻撃の芽を摘んだ。プレミアリーグのマンチェスターU、フルハム、トットナム、DF内田の所属するシャルケなど欧州全土から注目されるサイドバックは、期待通り獅子奮迅の活躍を見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月22日のニュース