吉田は最低1試合出場停止 警告累積は準決勝に持ち越さず

[ 2011年1月22日 18:39 ]

 アジア・サッカー連盟(AFC)は22日、アジア・カップ準々決勝の日本―カタール(21日)で退場になったDF吉田(VVVフェンロ)に最低1試合の出場停止処分を科したと発表した。規律委員会が審議して最終処分を決める。

 また準々決勝までの警告累積は、準決勝に持ち越さないことを確認。カタール戦で警告を受けたMF遠藤(G大阪)は、準決勝で警告を1度受けても決勝、3位決定戦に出場できる。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年1月22日のニュース