復帰・本田圭、同点生んだ浮き球パス

[ 2011年1月22日 06:00 ]

<日本・カタール>パスを出し続けた本田圭。4強入りを演出した

アジア杯準々決勝 日本3-2カタール

(1月21日 カタール・ドーハ)
 本田圭佑が4強入りを演出した。前半28分の香川の同点弾は、本田圭が岡崎に出したワンタッチで浮き球のパスが起点になった。トップ下で好機をつくった。前半17分と後半43分には得意のFKでゴールを狙った。1人少なくなってからは体を張ってボールをキープした。得点は決められなかったが、左足首捻挫のためサウジアラビア戦では、温存された背番号18が復帰戦で存在感を示した。

 実力はもちろん、タフな精神力はザックジャパンに不可欠。サウジアラビア戦後にはあえて「得点パターンが少ない」と苦言。「W杯は1勝すれば勢いがつくけど、こっちは(1次リーグを突破できても)まだ3つあるという感覚。プレッシャーの種類が違う」と初挑戦となるアジア杯の難しさを感じ取っていた。

 21日のロシア紙スポルト・エクスプレス電子版ではスペインのAマドリード移籍の可能性も報じられるなど世界から注目を集める24歳。点の取り合いとなった戦いでピッチに君臨した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月22日のニュース