頂点を知る遠藤「雰囲気が似てきた」

[ 2011年1月22日 07:34 ]

アジア杯準々決勝 日本3―2カタール

(1月21日 カタール・ドーハ)
 中東で厳しい戦いを重ね、チームはたくましさを増した。苦戦の連続で頂点に立った2大会前を経験した遠藤は「雰囲気が似てきた」と強まる勢いを感じている。

 次戦は決勝進出を懸けてイラン―韓国の勝者とぶつかる。ザッケローニ監督は「相手がどこでも大差はない。ここから先は、牛乳から(見分けるのが難しい)クリームを取り出すようなものだ」と、独特の表現で準決勝への覚悟を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月22日のニュース