チームけん引、長谷部主将「本当に苦しかった」

[ 2011年1月22日 06:00 ]

<日本・カタール>チームを引っ張り続けた長谷部

アジア杯準々決勝 日本3―2カタール

(1月21日 カタール・ドーハ)
 長谷部が決勝点の場面で前線の香川に鋭いパスを通して勝利に貢献した。10人となった苦しい戦いの中で主将としてもチームメートを鼓舞し「本当に苦しかった。チームが1つになって勝った。厳しい状況だったけど、みんながあきらめないでゴールを狙っていった」と満足げ。

 吉田の退場など判定に関しては「厳しいレフェリングで全てにおいてアウェーだったが、このチームには全てをはね返す力があった」と振り返った。またイラン―韓国の勝者と対戦する準決勝に向け「この勢いを続けて勝ちたい」と必勝を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年1月22日のニュース