ロベカル離れ業!左CKを左足で直接ゴール

[ 2011年1月18日 06:00 ]

 ブラジルのサンパウロ州選手権でコリンチャンスのDFロベルト・カルロス(37)が左CKを左足で直接決める離れ業をやってのけた。

 16日のポルトゲーザ戦で1―0の前半20分に左CKを得ると、GKがゴールラインを離れてDFに指示する姿を確認。素早いリスタートで左アウトサイドにボールをかけ、ワンバウンドでファーのサイドネットを揺らした。2―0の勝利に貢献したFKの名手は「GKが話しているのを見て素早く蹴ったのが良かった。(CKからの得点は)生涯初めて」と笑顔で話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年1月18日のニュース