カタール戦へ調整 左足首欠場の本田圭、練習で走り回った

[ 2011年1月18日 17:32 ]

準々決勝のカタール戦へ向けた練習で、細貝(左)と競り合う本田圭

アジア杯1次リーグB組 

(1月17日
カタール・ドーハ)
 サッカーのアジア・カップで、1次リーグをB組1位で突破した日本は21日午後4時25分(日本時間同10時25分)からドーハでの準々決勝でA組2位の開催国カタールと対戦する。日本は18日、4強入りへ向けて調整を開始した。

 17日のサウジアラビア戦は5―0と完勝。この試合を左足首捻挫で欠場した本田圭佑(CSKAモスクワ)は、練習で控え組に入り、ボールを手で回すゲームで走り回って回復の兆しを見せた。サウジ戦の先発組はランニングで汗を流した。

 日本はカタールと過去の対戦で1勝4分け2敗と相性がよくない。最近では2009年6月にワールドカップ(W杯)南アフリカ大会アジア最終予選で1―1で引き分けた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年1月18日のニュース