サウジ大敗終戦…ハンバーガー食べ会場入り

[ 2011年1月18日 06:00 ]

アジア杯1次リーグB組 サウジアラビア0-5日本

(1月17日
カタール・ドーハ)
 サウジアラビアは連敗で既に敗退が決まっていたとはいえ、執着心に欠けた戦いで大敗した。開始直後こそエースFWヤセルが日本のゴールに迫ったが、前半19分までに3点を失うと後半も全く修正できなかった。

 一部選手がハンバーガーを食べながら競技場入りするなど規律とモチベーションの低下は明白。日本、イランと並ぶ最多優勝3回の面影はなかった。ジョハル監督は「好試合をお見せしたかったが、調整不足が最後まで響いた。先発選手の選択は後悔していない」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年1月18日のニュース