岡崎がカズに並んだ 歴代2位3度目ハット

[ 2011年1月18日 08:35 ]

<日本・サウジアラビア>サウジアラビアに快勝しハイタッチする3得点の岡崎慎司(左)と2得点の前田遼一

アジア杯1次リーグB組  日本5-0サウジアラビア

(1月17日
カタール・ドーハ)
 FW岡崎がサウジアラビア戦でハットトリックを達成。日本代表の1試合3得点以上は昨年1月6日のイエメン戦での平山相太以来で通算32回目。岡崎は09年10月の香港戦、トーゴ戦に次いで通算3度目のハットだ。日本代表の最多ハットは釜本邦茂の8回。岡崎の3回は三浦知良と並んで歴代2位タイ。また、Aマッチ通算得点を21得点とし、中山雅史と並び歴代8位タイとなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年1月18日のニュース