権田、金崎…ザック効果でセリエAが熱視線

[ 2011年1月18日 06:00 ]

16日の練習で軽快な動きを見せる日本代表GK権田

 ザック効果がピッチ外にも波及した。アルベルト・ザッケローニ氏(57)の日本代表監督就任を契機に、イタリアで日本人選手が再評価され、複数のセリエAクラブが獲得を検討していることが分かった。チェゼーナのミノッティ強化部長は「ザックの存在を介して日本人が再び評価され始めた」と証言した。

 現在セリエA所属の日本人は長友と森本だけ。主戦場はドイツに移っている。ブンデスリーガは外国人(EU外国籍)登録が無制限だが、セリエAには外国人枠があり今季1枠に削減されたこともネックとなっている。

 しかし、ザッケローニ監督が日本人を高く評価すべきとの見解を発信したことで、セリエAクラブも評価を見直している。特に関心が高いのが20代前半までの若手。ドルトムントMF香川の活躍もあり有望株への先行投資をもくろむ。日本代表GK権田(J2FC東京)、MF金崎(名古屋)、FW興梠(鹿島)らが候補とされ、チェゼーナはG大阪FW宇佐美を調査。キエーボ、ブレシア、ボローニャも日本人獲得を目指している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年1月18日のニュース